Magazine

magazine

アップルより、今後の方針について【お客様へ 大切なお知らせ】

いつもアップルグループをご愛顧頂きありがとうございます。


この度政府より、新型コロナウィルス感染拡大防止措置として、緊急事態宣言が発令されました。
緊急事態宣言の内容において、閉鎖要請が出る指定業者に理美容室は含まれないとの事。

 

また政府答弁において、美容室は国民の安定的な国民生活を営む上で継続して必要な事業という対象となりました。
奈良県橿原市はまだ対象地域には含まれておりませんが、日毎に感染者数が増えており予断を許さない状況です。

 

様々な状況をふまえて私共の考えと致しましては、これまで通り引き続き

【営業継続】

をさせて頂きます。

 

 

こんな状況下においても髪を切りたい、ヘアスタイルを楽しみたいというニーズがあり、それに応えられるのは私達、美容師しかいません。

 

髪を切るという事は、ただ機能的な事だけでは無く、髪を切った事によって気分が晴れやかになったり、笑顔になれたり、心の癒しになれる。
そんな素晴らしい仕事だと自負しております。

 

 

美容師である事で役に立てる事もあると思っております。
色々と制限がかかっている世の中で、誰かの楽しみになれるのであればその役割を我々は果たしていきたいと考えております。

 

 

まだ集団感染を1人も出していない理美容業は、国民生活において必要であるとはっきりとおっしゃって頂けました。
国民皆様のために、条件を満たし営業可能なお店は営業を続けてほしいとありました。

 

 

理美容師は衛生管理のプロフェッショナルです。
スタッフが安全に働ける、またお客様が安心してご来店頂くためにも当サロンではこれまで以上に、
衛生管理を徹底し、営業してまいります。

 

 

早期収束、及び平常復帰を願い皆様におかれましてはご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

また罹患された方、そしてご家族の方々におきましては不安な日々を過ごされてると思います。
一日も早い回復をお祈り申し上げます。
回復された際には、ぜひお近くの美容室でヘアスタイルを楽しんでいただければと思います。

 

 

こんなにも何気ない普段の生活が尊いと思った事はありません。
美容室が出来ることは限られておりますがヘアデザインを通じて地域社会に少しでも貢献できればと考えております。

 

 

皆様の変わらぬご健勝をお祈り申し上げます。

 


 

 

(有)アップル

統括マネージャー 前 和定

 

page top

(C) apple-group.